お金がない私

お金がない人が借りることのできる条件はどんなもの?

お金がない場合にはお金を借りて補てんするという方法がありますが、金融機関では銀行や消費者金融などが、少額ローンなどという名目で、お金がない人への融資や審査を行っているそうです。この条件は会社によって変わるそうですが、原則などをご紹介します。


お金がない二十歳以上の人

お金がないといっても、高校生など社会的な責任の取れない年齢の人は、自分の名義での収入があっても、借金をすることはできません。クレジットカードの審査、利用の場合の責任は、大学生以上の場合は親が責任者となり、18歳以上なら所有可能となっているようですが、現金の貸し借りを行うキャッシング商品は、自分自身で責任を社会的に負える二十歳以上の人が対象です。これは法律の問題などもあるので、銀行、消費者金融での違いも少ないようです。


高齢者になると審査が厳しく

高齢者になると、お金がないといっても、アルバイトや就業など、自分で仕事に就くことが難しくなると考えられるそうです。特に自分で働くことは困難と社会的に言われる65歳以上になると、融資の審査対象から外されてしまうこともあるようです。高齢になると収入を得にくいという考え方に当てはまらない方もたくさんいるとは思いますが、一定以上の年齢は難しいと認識したほうがいいでしょう。

Comments are closed.