お金がない私

お金がない以外の理由で誘いを断る

会社の飲み会が面倒であったり人の悪口ばかり言ってくる同性の友人や気に入られたくない異性からの誘いだったりと、断りたいシチュエーションは社会に出る時間が長ければ長い程やってきます。
人間関係をごちゃごちゃさせたくないのですんなり温和な雰囲気で断りたい。そんな時に使ってはいけない言い訳たちをご紹介致します。うまい言い訳を考えだしその場の空気を「仕方がないからまた今度ね」の雰囲気に持って行きましょう。


《お金がないは給料日後には使えない》

お金がないという言葉はとてもよく利く断り文句です。「今月出費が重なってしまって手持ちがないのですよ」や「飲み会続きでお金がないもので」という言葉で難なく回避することが可能です。
しかしここで落とし穴が。この言葉は給料日後の会社では通用しません。25日にお給料が入ったのにお金がないと言ったらどんな管理の仕方をしているのかと不信に思われることもあります。給料日直後にお金がないという理由を無理矢理使うことはおすすめ出来ません。
ですがご家庭をお持ちの方で奥様に財布を管理されているサラリーマンの方には使える言葉があります。それは「今月小遣い減らされてしまって」です。
奥様と一体何があったのかと色々勘ぐられる可能性もありますが、これは給料日後でも同情と心配と共に飲み会から逃げられる魔力ある言葉なのです。


《嘘に見えない嘘をつく》

よくある嘘の中に「親戚に不幸があった」や「資格取得のために勉強している」などがあります。しかしこの嘘はとてもボロが出やすく、自分でついた嘘をうまく管理することが出来る人でなければ向いていません。親戚を順番に不幸にしていくのは構いませんが最終的には自分が地獄に落ちることになり兼ねません。人の不幸を言葉に出すことはやめましょう。

資格取得という言葉は結果を目指すものになってしまうため、実際に本当に勉強していないと後から資格の話をされた際に厄介です。そんな話したかしらと上司に言った日には恐ろしい想いをすることになるでしょう。

嘘をつく際には誰も確認することが出来ない嘘をついてください。それは「別の用事がある」という嘘です。気ままな一人暮らしで彼女もいずいつも晩酌しながらコタツで寝てしまうという方にはとても気分が悪い嘘かもしれませんが、用事があるということは自分以外に確認することは出来ません。中学の時の友人と、とでも言っておけば大抵信じてもらえます。

正直なところここまでお話しておいてなんですが、嘘はよくありません。仕事でも私生活でも嫌な人とは付き合わない、これが一番です。社会人だからそう言っていられないという方も多い世の中ですが、自分が疲弊して本当に病気になってしまう前に対策することをおすすめします。
お金がないという理由ではなく体調が悪いという理由を現実にしてしまう前に、人間関係をもう一度見直してみましょう。

Comments are closed.